日奈久断層帯 気象庁「ほかの地域でもリスク」 – NHK

「気象庁 地震」がさっきから気になっているんだよね。

ちょっと調べてみたらこんなニュースがあった。

日奈久断層帯 気象庁「ほかの地域でもリスク」 – NHK


時事通信

日奈久断層帯 気象庁「ほかの地域でもリスク」
NHK
今月14日の大地震は「日奈久断層帯」の一部が、ずれ動いて起きたと考えられています。熊本県や大分県では、その後も地震が相次いでいます。気象庁は、活断層は過去の地震の痕跡だとして、活断層があるほかの地域でもリスクを含んでいるとしています。 今月16日に熊本 …
M7.3地震でも震度7=震度1以上、700回超-異例の続発、広域で・気象庁時事通信
震度7「熊本地震」で専門家が重大警告「“日向灘沖⇒南海トラフ玉突き大地震”に注意が必要」アサ芸プラス
やまぬ余震、収束読めず 熊本地震日本経済新聞
朝日新聞
all 62 news articles »

記事引用元
日奈久断層帯 気象庁「ほかの地域でもリスク」 – NHK

 

--> 『気象庁 地震』を楽天市場でさがす

この記事もあったよ。

<地震速報>地震活動「依然活発」と気象庁 – 熊本日日新聞

地震速報>地震活動「依然活発」と気象庁
熊本日日新聞
地域ニュース. <地震速報>地震活動「依然活発」と気象庁 2016年04月18日. 気象庁は18日、熊本県や大分県などの3地域で、「地震活動が依然として活発」との見解を示した。16日以降に活発化した熊本地方の南西側でも活動が続いているという。 熊本のニュース記事一覧.

記事引用元
<地震速報>地震活動「依然活発」と気象庁 – 熊本日日新聞

まだ「気象庁 地震」はわからないことだらけ。

また報告するね。

バイバイ

コメントは受け付けていません。