“痰”へ執拗なアプローチを繰り出す『ためしてガッテン』、健康への姿勢に思うこと – サイゾーウーマン

「生島マリカ」がさっきから気になっているんだよね。

ちょっと調べてみたらこんなニュースがあった。

“痰”へ執拗なアプローチを繰り出す『ためしてガッテン』、健康への姿勢に思うこと – サイゾーウーマン

“痰”へ執拗なアプローチを繰り出す『ためしてガッテン』、健康への姿勢に思うこと
サイゾーウーマン
今週末の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、生島マリカとこのギャルモデルが揃うことを祈って。 これで狩野が何も語らないまま終わったら面白いのだが。つまんない痴話喧嘩より、エッジの効いた都市伝説を。「どっちにも会ったことなくて怖い」と震える狩野英孝というのが、この話 …

記事引用元
“痰”へ執拗なアプローチを繰り出す『ためしてガッテン』、健康への姿勢に思うこと – サイゾーウーマン

ストリートチルドレンから銀座のホステスになった女性が告白する壮絶人生! 清原和博やワコール社長のことも… – TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)


TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)

ストリートチルドレンから銀座のホステスになった女性が告白する壮絶人生! 清原和博やワコール社長のことも…
TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)
生島マリカの『不死身の花』(新潮社)がそれだ。 そもそも、彼女はなぜ13歳でストリートチルドレンとなってしまったのか。 1971年、在日韓国人の両親の元に大阪で生まれたマリカだが、母親は幼いマリカを顧みることはなく暴力を振るうこともあった。一方の父親も事業で成功し …

and more »

記事引用元
ストリートチルドレンから銀座のホステスになった女性が告白する壮絶人生! 清原和博やワコール社長のことも… – TOCANA (風刺記事) (プレスリリース)

「生島マリカ」はちょっと難しいね。

また報告するね。

バイバイ

コメントは受け付けていません。